読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空ノ可咲  ~ ウツケのヲカシ ~

 ウツケモン が my ヲカシ をつづります

元気にいきいきと生きる!

射手座の満月、レイ・エッセンス発売おめでとうございます(*´▽`*)

 

さて、今、私は変容の真っただ中。

絶賛体験中なので、まだ客観的に見ることが出来ていません。
粗削りでもこの状態を残しておきたくて書きます。

 

前の記事

essencexmizuho.hatenablog.com

で書いたように、私は自分の大テーマに向き合う事となりました。
舞い上がってきたモノスゴイ量の信念体系が去り、穏やかで静かな日もわずか数日(!)前もって予約していたセッションを昨日受けてきました。


前回起きた壮絶な苦しみを伴うプロセスは、表層を覆っていた「スス」を払った。という作業だったようです。あんなに苦しかったのになぁ(苦)

 

プロの力を借りるってやっぱりスゴイ!

 今回受けたセッションで私が見たものは、幼いころからずっとずっと苦しめられてきた感情や勘違いというフェイクの素材をもって、幼い頭が組み立てた理論のお城(←もちろん偽物)。

すべて知っているパーツばかりです。聞きたくないやつ。
長い間ず~~~っと存在を感じていたものが、一度に、白日の元にさらされました。

もう消化していたと思っていた感情がいまだに影響を及ぼしていたことを知り、少し驚きましたが、それは私を揺るがすほどの影響を与えるものではありませんでした。
素直に情報を受け取ることが出来ました。

 

そして俯瞰で見た時に、何度も何度も何度も垣間見た、毎度お馴染みプラスチックのような質感の素材としてではなく、生き生きとしたエネルギーとしてみることが出来(中には固い無機質のような表現をしている物もありましたが)、それらがどのような構造でコネクトしてシステムを作っているかを見ることが出来ました。エネルギーがひたすら消耗していくシステム。

 

エゴがショックを受けていました。
ものすごくかっこ悪い。最低!最低!最低~~~~~っ!!!

 

今、少しずつ少しずつ丁寧に一つ一つの関係性とそのエネルギーについて内観を続けています。思考で再びプラスチックのように固めてしまわないように慎重に時を過ごしています。


私がこれまでぼんやりとしていることが多く、葛藤に苦しみ、軽やかに動けなかったその理由・・・矛盾だらけの思考&感情の固定化されたパターンでできた偽物の世界・・・。

 

つなぎのところや、私の知らないパーツが組み込まれていることを認識できていなくて、私の理解は浅いものにとどまっていました。要のピースのもう一歩先のディテイルを見ることが出来ていなかったがゆえに全体が全く違うものとして認識されていました。

 

幼稚な砂のお城は、リアルに見えるサイディングでリフォームされて強度が増していた・・・。なんだよ。トホホだよ。それが指針になっていたのだから。

 

今、観察者が今一度パーツを見てはその動きを見ています。インナーチャイルドが俄然調子に乗って来る一方で、エゴは最悪になるよ最悪になるよ!最悪になっちゃっていいの!?と恐れや悲しみをあおります。理想通りにならないことに失望しています。(肉体レベルでも涙を流していますが巻き込まれていません)

プロのサポートを受けるとこんな感じなんだ!ただただ畏怖の念と感謝!


満月前に新しくエッセンスを加える

 

そんな重要な一日を過ごし、満月前にエッセンスを新たに加えるイメージが湧いたので、前回のエッセンスに以下を加えました。

 

〇前回記事で創ったコンビネーション

<レイ・エッセンス>
・大望

<ヒマラヤンエンハンサーズ>
・ピンクプリムラ

<自分用エッセンス>
・Manjusaka

 

〇本日追加分 

<ヒマラヤンエンハンサーズ>
・Gulaga Orchid

<コルテPHI>
・Noble Heart Cactus
Queen of the Night Cactus
・Crop ♯71

<パワーオブフラワー>
・Mustard

 

向き合っている大テーマの核心に近いと感じています。

 

このタイミングでプロのサポートをいただいて、このように満月と夏至を迎えることになり感謝しています。

 

 

イキイキと元気に私を生きるために、
最も大切にしていた幻想を諦めようとしています。

 

 

言葉にすると陳腐!!イキイキ元気って健康雑誌の見出しみたいじゃないか。
全然違うエネルギなのになぁ。言葉って・・・(´;ω;`)ウッ…
までも重要度が伝わらないかもって残念がるのもなんか違うね。



これがもしもうまいこといったら、私の一部と思っていたあの部分は消えちゃうんだよ・・・。

 

f:id:essenceXmizuho:20160419192200j:plain