読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空ノ可咲  ~ ウツケのヲカシ ~

 ウツケモン が my ヲカシ をつづります

アンジェリックエッセンスのW/S!

エッセンス アンジェリックエッセンス

先週末、アンジェリックエッセンスのワークショップに参加して来ました。

参加の数日前まで、ある領域で葛藤と限界をディープに体験し、応えがほしくてカラカラになっていたところへクリアな気づきと学びがエネルギーレベルでふんだんに注ぎ込まれて満たされました。もがいた体験はこの為に必要なプロセスだったのだと今なら振り返ることができます。恩寵です。

アンジェリックエッセンス

私がフラワーエッセンスの仕事に携わることになった13年頃前は、アンジェリックエッセンスは今以上にオルタナティブな存在だったと言えます。

フラワーエッセンスはお花のエネルギーを転写したもの・・・対象が物質として存在しているという点でまだ受け入れやすい。花の形状や生態などを五感でとらえることができるので、エネルギーの質の推測もしやすい。

一方で、アンジェリックエッセンスは対象が物質化していない存在なので、エネルギーの質を前もって知る手がかりはエッセンスの名前とパンフレットの解説に頼ることになるのですが、膨大な情報量を言葉で表現しきることが不可能なのに加え、このディヴァインな領域から来る新しいエネルギーにはまだそれに当てはまる言葉が無い場合も多く、読んでいるこちら側も未体験なのだから、明確にイメージするのは困難でした。さらに、このエッセンスが私たち一人一人にもたらす変化や効果については、空想すらできない程の可能性に満ちているという世界観。 

時を経て、この大きな変容の時こそアンジェリックエッセンスの恩恵を必要とする機会が増えるように思います。スタックしている状況、ループしている思考・感情・行動パターンを超えた領域や可能性につながるために。新しいインスピレーションやイマジネーションに開いて本来の質と出会うために!

私たちの経験や理解も前よりもずいぶんと深まっている。アンジェリックエッセンスに時代が追いついたといった感があります。

今回のワークショップ中に、アンジェリックエッセンスは私たちを含む3次元の存在全てを積極的にサポートするという意図を持っているように私は感じました。 

受け取り手がオープンであればある程、惜しみなく多くの情報がもたらされ、”限界”が消え去り、新しいフィールドへ大きく開いていくのであります。

 

ものすごいワークショップでした。

まだ見ぬ世界がすぐそこにあり、いずれ体験するのだという期待が満ちています。こんな感覚は初めてです。

 

これから少しずつ書いていこうと思います。

つづく。