空ノ可咲  ~ ウツケのヲカシ ~

 ウツケモン が my ヲカシ をつづります

Essence Festa!  ♯002  in仙台 レポ その2

前回の記事に続き、Essence Festa! ♯2 in仙台のレポです。

 

前記事 ↓

essencexmizuho.hatenablog.com

 

前記事では、「”リアルの場を創出する” webショップ Asatsuyu社」が、700種類ものレアなエッセンスを直接見る機会を提供したこと、そのエッセンスらの中の一部を写真を交えてご紹介し、展示ブースではとても明るくて軽やかなスタッフの皆さんの雰囲気に包まれて、大盛況だったことなどを書きました。

 

今日はイベントの詳細を語る前に、「豪華すぎるお土産」と「このイベントの核となるエネルギー」の二本立てでお伝えしようと思います。
実は二つ目のテーマが肝でして、ここが基礎となってこの日この場でこのような機会が形作られたというお話です。

 

嬉しい豪華すぎるお土産と特典


まずちょっと嬉しかったのは、配布資料・・・各エッセンスのカタログです。

f:id:essenceXmizuho:20170717223447j:plain

盛りだくさんすぎ! ズシリ重いくらいでした。
お初にお目にかかるエッセンスのカタログたち。
帰宅してこれを眺めるだけでも楽しかったです。
まだまだ知らないエッセンスがたくさんあるんだなぁと改めて実感しました。

 

そして写真にございます、パンフレットの束の上に載っている箱は、バッチの(日本では未発売の)「RESCUE PLUS」というタブレットです。
お水に溶かしてシュワシュワ~っとベリー味を楽しみながら飲むという製品なのですが、後になってこれにとても助けてもらう機会が訪れて、とても気に入りました。
非売品なの残念だなぁ。次回のFesta!でもお土産になるのかなあ?なんて思うくらいこの製品楽しいです。3,500円相当のお品らしいですよ!

それに加え、Asatsuyuで使える500円の割引クーポンがついてきました。
てことは、これだけで4,000円の参加費の元が取れちゃった形になります。

 

さらにさらに、後に詳しくご紹介しますが、レイ・エッセンスの(限定配布の)水眼(すいが)のカプセルまでプレゼント~!


てことは、
この後に展開した、愉しく有意義な新しい情報盛りだくさんのトークを聞いたり、素晴らしい空間で静かな時を過ごせたことや(座っているだけで・・・気づきやヒーリング、エナジーバランスワークなどたっぷり体験したことになりました)、充実の展示販売への参加は無料・・・みたいな感じになっちゃっているんですけどぉ!!!という太っ腹なこのイベント。


会場、そして映像音響設備を用意し、ゲストスピーカーを4人も招いて、これだけの企画を実現させる為には、おそらく相当の準備を要したのではないかと推察されます。エネルギーたくさん投入されてる気がします。

 

そして、スタッフの方々がコワレモノであるたくさんのエッセンスとノベルティセットを用意し、梱包して移動することを考えたら、癒し関連の大規模展示会に出展して、前日設営したら、連日多くの来場者から見込み客データを獲得して、現場でたくさん買ってもらう方が効率的と私は考えてしまうわけです。

 

このプライベートイベントというカタチを創りだした原動力はどのようなものなのでしょう?


リアルな場の創造~ by Asatsuyu店長

 

イベントの冒頭はAsatsuyuの店長、大菅力氏のオープニングトークから始まりました。

 f:id:essenceXmizuho:20170718225823j:plain

 

大菅さんは、長きに渡り、日本のエッセンス業界を実務レベルで支えてきた人々の1人です。
記憶に新しいところでは、今でも ”伝説” とささやかれる大規模エッセンスイベントのテクニカルディレクターを務められたりと、表舞台ではなかなかお目にかかる機会はありませんでしたが、ずっとエッセンスのそばで働いてきたビジネスパーソンです。

 

この日披露されたエピソードの中に
自らエッセンスの販売を始めるにあたり、改めてエッセンスと向き合うことになったとき、「商品知識はあるけれど、ところでこれは何?」という本質的な問いが現れ、周囲のエッセンス関係者たちに聞いてみて、様々な方々が「気づき」が生まれる機会を与えてくれたそうです。

「それでもわからないパート」と「腑に落ちた!!」というところがありながら、大菅さんは後者の「気づき」を参加者の皆さんとシェアしたいという願いがあり、それがこのイベントの企画の源になっていたとのこと。

 

自分にインスピレーションを与えてくれた方々をゲストスピーカーとして招き、会場にいる全員で新たな気づきが呼応していくことを、もしかしたら誰よりも楽しみにしていらっしゃったのは大菅さんその人ではないでしょうか。
ワクワク感がこちらにも伝わってきていました!
ワクワクしている主催者っていいですねぇ( *´艸`)

 

「第一部」で講演された、レイ・エッセンスのプロデューサー富井さんはこう仰いました。

 

このイベントは大菅さんそのものだと。
大菅さんが「自分である、自分を生きている」ことで
このようなイベントが創出されたのだ。 と。

 

よく耳にする「本当の自分を生きる」について、理屈では無い、リアルなエネルギーとして、イベントの随所で受け取る機会が多々ありました。
私にとっては、これだけでも、参加してよかった!と思えるほど、嬉しい経験となりました。

 

さて、お茶目なトークで何度も参加者の笑いを誘う大菅さんの謙虚でチャーミングなお人柄と、このイベントを成立させるパワフルな意図・実行力を軸として、これからご紹介していくゲストの皆さんが、それぞれの立場から、具体的で実用的な情報に加え、その本質・・・「エッセンスとは何だろう?」という問いかけに様々な角度、深さから応えを紡ぎあうような場を体験してきました。

 

それはもう素晴らしかったです💛

長い間エッセンス業界にいると今さらちょっと聞けないわぁ・・・。なんて自意識過剰になってしまうようなベーシックかつ根幹的な質問を、同じような立場である店長大菅さんは、さらさらと素直に正直に口にしてくれるので、便乗して耳を澄ませて回答を待つ(笑)


そして、スピーカーの皆さんが仰ることが、実は私も感じていたことが多かったりもして、「そうそう!そうなの!初めて分かち合えた!」などという喜びひとしおの場面も多々ありました。このあたりのゾーンは現在なかなか業界内でも分かち合える人が少なくて、結構孤独だったりするものですから (´ω`*)ウレシカッタ

今回、大菅さん、お客様に囲まれて「ファンになりました。」って言われていたのを見ておりました。ファシリテーターにファンがついちゃってます(笑) 
素直で正直で楽しいって素晴らしい。と私も感心しどおしでした。

そんな様子を見ていると、このイベントはこれからも柔軟に形を変えながら、膨らんで広がっていくんだろうなぁと思わされました。

 

 

今日は最後に、イベント告知の際にwebで公表された、大菅さんの言葉を引用という形でご紹介したいと思います。

「私、エネルギーとかホントよくわかんないんですよぉ。」と仰るわりには、とても繊細に知的にバシっと捉えていらっしゃることが感じられると思います。
あぁ羨ましいほど素敵 (*´▽`*)

それではどうぞ。

 

フラワーエッセンスという「商品」を最初に知ったのは、 もう15年以上前の話。 「商品」として存在は知っていたものの、 「それが何たるか」というのを知ったのは、 ここ5年くらいのことです。

 

独立起業した事業の一つに、 フラワーエッセンスのweb販売がありました。 そこから、それまでとは異なる視点で フラワーエッセンスと向き合うこととなります。 転機は、2014年のことです。 フラワーエッセンスのイベントに裏方として従事しました。 それは「ビジネス」として関わったに過ぎません。 エッセンスが何たるかは、全く考えもしてませんでした。

 

イベントが終わり数日経ち、 一緒にイベントに携わった方と二人で、 ある寿司屋で「打上げ」した時のことです。 ひと仕事終えた開放感と、適度に酔いもまわり、 「一体、フラワーエッセンスって何なんですか?」 という素朴な疑問を投げかけました。 今まで、「商品説明」としての知識は ある程度持ち合わせていましたが、 正直、何だかよくわかってませんでした。 そして、その寿司屋の閉店まで、 およそ7時間にわたり、 酒の勢いも手伝い(傍から見れば「絡み酒」です)、 エッセンスが何たるかについて 持てる「理屈」をいっぱいに並べて話をしました。

 

それから月日が流れ、いわゆるセラピストの方たちとも交流が生まれ、その度に、

「エッセンスってなんですか?」

「エネルギーって??」と

小学2年生のようなレベルで、時には屁理屈をこねながらお話し、それはそのまま、なんとなく今日に至っています。

 

わからないながらも、いろいろな方にお会いする度に、たくさんの「気づき」をもらっています。

 

ご縁からもたらされる「生の情報」を、

自分自身の感性に取り入れ、

自分が作り出す自分自身に反映すること。

自分が情報を摂取するのではなく、

自然に入り込んでくるような環境に身を置き、

それを受け入れること。

 

こんなことが大事なのかなと考えています。

というより、私自身にそれが必要なのかなと。

 

大幅に脱線しましたが、こんな考えから、

 

「リアルな場」

 

を創造したいという思いで、

このEssenceFestaを企画しました。

 

エッセンスというものを中心に、

それに造詣が深い方も、

よくわからない方も、

そこで巻き起こる事象を、

肌で感じでいただくことが

少しでもできればと思っております。

 

web販売であるが故の、私なりのリアルの追求です。

 

この場での

「温度感」

「臨場感」

を沢山の方々と共有できることを楽しみにしております。

 

ちなみに、寿司屋で酒を共にし、私の素朴な疑問を真剣に受け止め、

その後もたくさんの学びを提供してくれたのが、

今回フィーチャーする「レイエッセンス」の創始者、富井清文氏です(笑)。

 

ご参加を心よりお待ちしております。

 

さて、いよいよ次回はイベント第一部、レイ・エッセンスのプロデューサー富井さんのパートをお届けしようと思います。 お楽しみに~。

つづく